商品の紹介

あなたがインドの花嫁であるか、単に習慣に興味があるかどうかにかかわらず、花嫁は、実践の始まり、それが示すこと、そして現代の新しい花嫁がどのようにできるかについて、sisNikiとRitikaShamdasaniの開発者とSaniの創設者に話しました彼らが選ぶならば、習慣でブレーキをかけてください。

インドの新しい花嫁が赤くなるのはなぜですか?


おそらく、インドや中国の見事な花嫁の夜明けがきらめく赤いベールや、通路を下るスカートも見たことがあるでしょう。現代の新しい花嫁が練習を始めるまで、インドの新婦は実際に何世紀にもわたって結婚披露宴にサフランレッドを着ていました。

スペシャリストを満足させる
現代の新婦が練習を始めるまで、インドの新しい花嫁は実際に何世紀にもわたって結婚披露宴にサフランレッドを着ていました。

レッドブライダルレヘンガのよくある質問。
赤い結婚式のレヘンガを着る必要がありますか?
そのニュートラルな色合いは、標準的なウエスタンホワイトのウェディングイベントドレスに敬意を表していますが、最近では、幼児用のピンクやオレンジが特にファッショナブルになっていることもわかりました。今日使用するためにインドの新しい花嫁が選ぶ色合いは、カスタマイズされたものではなく、独自性を共有することに関するものであるため、カスタムで完全に自由に損傷することができます!

訪問者も同様に赤を使用できますか?
西洋の結婚式のお祝いの多くの訪問者が白を使用するよりも確かに奨励されるのと同じように、インドの結婚式のイベントの多くの訪問者は赤から離れていなければなりません。シャムダサニ兄弟は、インド人の花嫁が赤を着ることを決定することが少なくなるにつれて、線が次第に曖昧になっていることを確認しています。結婚披露宴に行くとき、私たちは花嫁になる人がもうどんな色合いをしているのかを認識していません、とRitikaは述べています。

フスキア。
Fuschiaは、習慣から離れたいという欲求を身に着けている場合、インドの肌の組み合わせのタッチで一般的に美しいように見える優れた色です。それは、はるかに重要な外観を望んでいる花嫁になるための楽しくて元気な色です。

私のファンクションドレスも赤にする必要がありますか?
一方、多くの新婦は、機能的な服装のために赤から離れる傾向があります。これは、あなたが望む限り、あなたの独自性を表現する可能性です。花嫁になる人の大多数は、その機能のためにニュートラルな色合いまたは深い帝国の色合いを選択します、とニキは述べています。もはやいかなる種類のポリシーもありません。また、赤は、お客様に見られる最も好ましい機能シェードの1つではありません。

NikiとRitikaShamdasaniは、スタイルタグSaniの背後にいる兄弟デュオです。これは、彼らのインドの遺産とアメリカの子供時代を示しています。彼らのタグは、結婚式のレヘンガから爆撃機のコートまで、一連の東洋から西洋の服で構成されており、インドのデリーとノースカロライナを拠点としています。

絶対に使ってはいけない色合いはありますか?
ニキが主張したように、実際にはいかなる種類の政策もありません。白はインドの葬儀に使われる日陰なので、訪問者としても花嫁になる人としても遠ざけることをお勧めします。

レッドブライダルレヘンガの背景と定義
これらすべての色合いの中で、赤が最も人気があります。多くのスピリチュアルなイベントの主要な色合いである赤は、インド社会で好意的な色合いを選択しています。
私たちの社会では、それはきれいなスレート、熱意、そして成功を示しています。赤も同様にヒンドゥーのサイレンドゥルガーを表しており、きれいなスレートと女性の力を表しています。

赤を私の服に統合する他のいくつかの手段は何ですか?
あなたが赤が単にあなたの陰ではないという決定をするならば、それでも習慣を認識したいならば、多種多様なインドの結婚式の装置は無限の選択肢にそれ自身を提供します。多くのお客様が赤いレヘンガを着用していますが、単に赤いデュパッタ、ファッションジュエリー、またはブレスレットを使用しているとニキ氏は言います。私は、新しい花嫁が単に赤い靴を使うのも好きだと、リティカは述べています。

スパークリングワイン。
ゴールドの貴重なジュエリーと相性の良いニュートラルな外観のために、スパークリングワインは柔軟な色に合います。大きな外観が必要な場合は、金で大きく縫い付けられたものを入手するか、貴重なジュエリーを単に再生するか、またはその両方を行うことができます。

常に有利な色合いである赤は、紀元前3千年紀にインドの僧侶やアンカライトによって最初に使用されましたが、16世紀初頭のムガル帝国時代まで花嫁に使用されませんでした。男性よりも女性の方がはるかに大きな調整なので、彼女が最も関心を調整し、真新しい生活を意味する赤のような鮮やかな色合いを使用するのに適しています。

訪問者としてインドの結婚式のイベントに使用するもの。
赤い結婚式の外観の代替。
巨大な金の針細工が染み込んだ赤いレヘンガと、頭に掛けられた床の長さのシュラウドは従来のものですが、現代の新しい花嫁と創造性の状況は変わりつつあります。以下は、赤が合わない場合に通路を下に置くためのさまざまな他の色合いです。」

エメラルドグリーン環境にやさしい。
インドの花嫁にとって2番目に目立つ色合いであるこの国の貴族は、実際には伝統的に出産の象徴として自然な色を生み出してきました。また、典型的なゴールドのファッションジュエリーと同様に見栄えがします。

ブラッシャーピンク。
より若々しい花嫁は、帝国の色合いの上に明るいパステルの方向に引き付けられ、さらに活気のある外観になっています。また、髪の毛に赤いバラのアクセントを付けてカラーブロックすると、色がゴージャスに見えます。

常に有利な色合いである赤は、紀元前3千年紀にインドの僧侶やアンカライトによって最初に着用されましたが、16世紀初頭のムガル帝国時代まで新しい花嫁によって使用されませんでした。私たちの顧客の多くは赤いレヘンガを身に着けていますが、単に赤いドゥパッタ、貴重な宝石、またはブレスレットを身に着けていると、ニキは主張します。西洋の結婚式の訪問者の大多数が白を着ることよりも確かに提案されるのと同じように、インドの結婚式のイベントの訪問者の多くは赤から離れているべきです。シャムダサニ兄弟は、インド人の花嫁が赤を着ることを決定することが少なくなっているため、線がかなり不明瞭になっていることを確認しています。

ウエディングドレス

結婚 式 服装 女性 20 代

ウエディングドレス

結婚 式 二次会 ドレス

ウエディングドレス

オーセンティック ドレス

ウエディングドレス

ウェディング ドレス 韓国

ウエディングドレス

パーティー ドレス 赤

ウエディングドレス

韓国 キャバ ドレス

ウエディングドレス

パーティー ドレス 冬

ウエディングドレス

ディナー ドレス

ウエディングドレス

ウェディング ドレス 韓国

ウエディングドレス

ウェディング ワンピース

ウエディングドレス

オケージョン ワンピース

ウエディングドレス

カラー ドレス 前 撮り

ウエディングドレス

結婚 式 カラー ドレス

ウエディングドレス

ドレス 成人 式

ウエディングドレス

ウェディング ドレス 花

ウエディングドレス

カラー ドレス マーメイド

ウエディングドレス

結婚 式 二次会 ドレス 花嫁

ウエディングドレス

結婚 式 ドレス 冬

ウエディングドレス

デブ ウェディング ドレス